自家製さつま揚げのおでん

e0081404_21183189.jpg




[さつま揚げの作り方]
メダイ・・・・・・・・・500g(骨・皮は除く)
塩・・・・・・・・・・・・・・・8g
砂糖・・・・・・・・・・・・15g
片栗粉・・・・・・・・・・15g
水・・・・・・・・・・・大さじ1
さつま揚げの具(人参、ゴボウ、ニラ、いんげん等)

1.さつま揚げの具は、硬いものは下茹でし、細かく刻んで冷蔵庫で冷やしておく。
2.塩・砂糖・片栗粉を水に溶いて冷蔵庫で冷やす。
3.骨・皮を取り除いた白身魚を冷蔵庫で冷やす。
4.魚をフードプロセッサーにかける。
5.滑らかになったら、2を加えて更に混ぜる。
6.十分に粘り気が出たら、具を加えて、形を整え、160℃の油で揚げる。


ポイント:
さつま揚げをプリプリに仕上げるためには、魚を出来るだけ低温に
保つことが大切。材料・調味料・調理器具は冷蔵庫でキンキンに
冷やしておく。フードプロセッサー利用時はモーターの熱で魚が温まって
しまうのを防ぐため、作業中はフードプロセッサーのボウルを保冷材で
冷やし続ける。室温もできるだけ涼しい環境で。
手の体温にも注意が必要。魚に触れる場合は、氷水で手を冷やしてから。

今回のさつま揚げは、以下の三種類を作りました。
・何も入っていないさつま揚げ
・人参とニラのさつま揚げ
・いんげん豆のさつま揚げ

おでんにせず、揚げたてをこのまま食べても美味しいです。
[PR]
by chougyo | 2005-11-22 00:11 | メダイ
<< 鯛飯 青鯛と豆苗の餡かけチャーハン >>