パイク

通常2kg前後のサイズが最も美味と言われるが、サイズよりも住んでいる水の質が大切。
淡水から汽水域まで生息するが、濁った淡水に住むパイクは魚体も黒っぽく、
肉質も淡水魚独特の癖ある臭いが強く出てしまう。
一方、汽水域などの綺麗な水に住んでいるパイクは緑色がかった魚体で、
身も非常に美味な魚だ。
背中に「Y」字型の骨が変則的にビッシリと並んでいるのが難点。
尻尾や腹の部分は骨がないのでフィレに最適。
骨が多い背中部分はすり身などに適しているが、1~2kg程度のパイクならば骨ごと
すり身に。4kgを超えるパイクならば包丁で骨から肉をそぎ落としてすり身に。


e0081404_2382155.jpgパイクのムニエル レモンペッパー風味の衣で

e0081404_7552547.jpgパイクのシュトルゥーデル

e0081404_5565092.jpgパイクをPimientos del Piquilloと

e0081404_3153113.jpgパイクの淡雪団子 ~あんず茸のソースで

e0081404_1501474.jpgパイクのホイル焼き

[PR]
by chougyo | 2004-03-29 20:43 | 全体一覧
<< カンパチ ニジマス (レインボー・トラウト) >>